TOP > 歴代受賞作品 > 第10回 ガールズコミック部門
歴代受賞作品
インフォメーション
応募総数
154作品
最終選考候補
3作品 ガールズコミック部門の最終候補はcomic B's-LOG新人賞の入賞者がノミネートされます。
選考委員
青柳昌行(eb常務取締役)、森好正(ebコンテンツGP)、佐藤康男(B’s-LOG編集部編集長)
総評
青柳
えんため大賞にガールズコミック部門が誕生して2回目だが、総じて前回よりもよくなっている。これは非常にうれしく感じている。2作品共にまだまだ精進してほしいところはあるが、成長していってほしい。
去年よりはレベルが上がっている。最終選考に残った作品すべてにいえることだが、まだまだ未熟なところがあるものの今回は描きたいことがみえたのがよかった。ただ、絵を見せるということをもっと勉強してほしい。マンガは難しい。今後の精進に期待している。
佐藤
comicB's-LOGを創刊して3年目、えんため大賞から出てきた新人作家の読み切り原稿が少しずつ掲載されはじめている。マンガ家を目指す、皆さんの力量を試す場としてえんため大賞ガールズコミック部門に今後もどんどん応募をしてきてほしい。
受賞作品
◆佳作
『キレイ』
★作者:桜井汐里(さくらい しおり)
プロフィール:東京学芸大学出身。卒業後、国家資格受験予備校の出版部で営業として勤務。外勤の移動時間に妄想。現在は別の出版社で内勤をしつつ妄想中。
★受賞者コメント
私を育ててくれた家族、友人、上司、同僚、全国の書店様取次様、そして編集部の皆様、ありがとうございますっっ。マンガできちんと返して行ける人間になります!
★作品内容
超絶美形男子の浩と紀更&武闘派女子のあゆ。3人はそれぞれ自宅でくつろいでいたのに、いきなり真夜中の学校に飛ばされてしまった!! しかも、学校中の備品が襲いかかってくる上に、学校からは一歩も外に出られない。ありえない閉鎖状況を作り出したのは誰? 業を煮やした紀更は、通信教育で取得した「エクソシスト3級」の能力を使って、犯人を異空間から引きずり出す。それは浩のことを好きになりすぎて、ストーカー化してしまった女の子だった。
【選評】青柳
絵がうまく、キャラクターも魅力的に描けている。設定の練りこみと整理をもっとすればより面白くなるのではないだろうか。もっと作者が何を我々に見せたいのかを整理して、見せてくれたらよかっただろう。
【選評】森
世界観、設定の練り込みからくるネームが弱い。そこがもったいなかった。キャラクターの絵は非常に安定しているが、それをコマの背景、頁の中、32頁としてとどう描いていくかという部分をもっと勉強してもらえればうまくなる。
【選評】佐藤
導入部はうまく描けている。絵も上手くキャラクターもうまく描けている。ただ中盤の展開がうまく見せられなかったのが残念。
◆奨励賞
『アダガミ』
★作者:梶原夷緒(かじわら いお)
プロフィール:1988年3月9日生まれ。福島県在住
★受賞者コメント
受賞のご連絡をいただけた時、驚いて電話を持つ手が暫く震えていました。初めての30ページを超えた、とても思い入れの強い作品なので、凄く嬉しいです。本当に有難う御座いました。人の心に残るあたたかい作品を描けるように頑張りたいです。
★作品内容
ひとり暮らしをするために引っ越してきた高校生・右京達太。しかし、夢と希望が詰まっているはずの新居には、貧乏神・源悟郎が憑いていた!! しかも達太はなぜか神さまが見える、触れる特殊な能力を持っているため、源悟郎に協力することに。貧乏神はたくさん感謝されると福の神になるといい、そのために他の神さまの願いを聞き、感謝されようという計画だ。そんなある日、達太と源悟郎のもとに、京凪という貧乏神が願いを叶えてもらうために依頼にきた。京凪の願いは、ある大切な子に忘れ物を届けてほしいという依頼だったが――。
【選評】青柳
マンガとしておもしろかった。特にキャラクターの個性が活き活きと描けていた部分が評価できる。絵に関してはこれからもっと描いていけばどんどん上手くなるのでは。
【選評】森
割り、レイアウトをもっと勉強してほしい。バストアップのカットが多く単調に見えてしまうのが残念である。もっともっとマンガを描いていってほしい。今後の成長に期待している。
【選評】佐藤
全体として勢いを感じる。キャラクターのそれぞれの立ち位置も明確となっており、作者の伝えたいことがわかる。ただ、設定見せ方、キャラクターの人数は整理をしていってほしい。