TOP > 歴代受賞作品 > 第13回 コミック部門
歴代受賞作品
インフォメーション
応募総数
293作品
最終選考候補
7作品 コミック部門の最終候補は一次選考に通過した作品がノミネートされます。
選考委員
しりあがり寿(マンガ家)、桜玉吉(マンガ家)、呉智英(評論家)、 奥村勝彦(コミックビーム編集長)
受賞作品
◆特別賞
『抜け殻』
★作者:鶴丸B太郎
プロフィール:1990年、山口県生まれ。
★受賞者コメント
自分自身まだまだ未熟者で、分からないことが沢山ありますので、これからも勉強していきたいと思います。この賞で満足してしまわないように、気をつけたいとも思っています。どうもありがとうございました。
★作品内容
ロックバンドで頑張る男・高田。授業中、糞をもらしつつも、素敵な女の子にロック魂をぶつけるべく、ライブに賭けるが……!?
【選評】しりあがり寿
読みにくい印象。ただヒリヒリした感じは伝わってきました。もう少し慣れてきたらなあ
【選評】桜玉吉
人物だけじゃなくて細かい所も、ちゃんと描けてて大好きです。いろんな漫画読んでるなあ。青臭い所も好き。
【選評】呉智英
70年代スタイルで個人的には好きなんだけど、もう少し絵もストーリーも練り込んだほうがいいと思う。
【選評】奥村勝彦
女の描き方知らない所とか、青臭い部分も含めて好きだなあ。もちろん完成度は低いんだけれども。
◆奨励賞
『神曲『蛙町』』
★作者:茂木清香
プロフィール:埼玉県出身。武蔵野美術大学映像科卒業。現在は家でもそもそと漫画を描いて暮らす毎日。
★受賞者コメント
賞を頂き、ありがとうございます。正直驚いています。これからも、もそもそと漫画を描いて暮らしていけるように頑張ります。
★作品内容
謎の男が壊れた懐中時計を渡し、告げる。「君に招待状を持って来たんだ」
【選評】しりあがり寿
途中で結末が読めちゃったのが残念。絵が個性的なのはいいけど、古いのか新しいのか良くわからないな。
【選評】桜玉吉
カエルが良いです。あまり絵がこなれていないような気はしますが、好きです。
【選評】呉智英
個性的な絵柄で好印象。もう少しエピソードに具体性が出てりゃ良かったと思います。
【選評】奥村勝彦
絵が記号的な気がする。これから、どんだけ自分の絵柄を作れるかが勝負かなあ。