TOP > 歴代受賞作品 > 第14回 小説部門
歴代受賞作品
インフォメーション
応募総数
729作品
最終選考候補
6作品
選考委員
森 好正(エンターブレイン取締役)、河西恵子(ファミ通文庫編集長)、ファミ通文庫編集部
総評
ハイレベルな作品が集まりました。大賞作は主人公の青春期ならではの心の葛藤となけなしの勇気を絞り出す様を、コメディタッチの中でしっかりと描いている実にライトノベルらしい作品です。「続きを読みたい!」と素直に思わせられるクオリティでした。優秀賞・特別賞も高いレベルです。魅力的なキャラクターや設定が詰め込まれており、さまざまな方向に作品世界を広げることが出来ると思います。受賞者の皆さんの活躍を期待します。
受賞作品
◆大賞
『四百二十連敗ガール』
★作者:音鳴乃 (おと なるの)
プロフィール:大阪府川べり在住。執筆に詰まれば淀川にくりだし時間を忘れてゆく河の流れを眺めては、時間を無駄にするんじゃなかったと後悔する。「うそ、この量でこんな時間かかったの?」早くも担当をドン引きさせる鈍足作家。
★受賞者コメント
本当にありがとうございます。知らせを聞いた時、電話口でハシャギ過ぎて編集さんをイラつかせてしまったんじゃないかと思うと冷や汗が止まりません。これからは地に足つけて頑張っていきたいと思います。
★作品内容
美少女たちが集うヒロイン養成学園、聖シンデレラ学園――通称・デレ園に、下心全開で入学した石蕗ハル。ところが、初日の自己紹介で失敗し『蟯虫齧り虫』とあだ名され最悪のスタートを切ることに。そんなハルに突然告白してきたのは、“猛毒の妖精”と呼ばれる超バイオレンス美少女、毒空木美也子だった! そのわがままで自分勝手な性格に辟易したハルは「お前はこの学園の付き合いたい女子ランキングワースト一位なんだよ」と言い放つ。だが号泣の後、彼女は極上の笑顔でのたまった。「ハルがアタシ以外の女子全員にフラれたら、アタシと付き合うしかないでしょ▼」こうしてハルのデレ園全女子告白ツアーが始まった! 順当に(?)フラれていくハルは、ついにハルのベストヒロイン時宗愛結に告白しようとするが――。前代未聞の惨敗系ハイテンションラブコメ!
【選評】河西恵子
主人公もヒロインも、蛇蝎のごとく嫌われているというマイナスからのスタートが面白い。ネタとしてはかなり下品な部分も多いが、テンポの良さとキャラクターの「ここまでやるか」という潔い造詣で、バカコメとしてひたすら読んでいて楽しかった作品。
◆優秀賞
『サイコメ ―PSYCHO&LOVE COMEDY―』
★作者:匿名希 望(とくなぎ のぞみ)
プロフィール:「とくめいきぼう」ではない。東海生まれの関東在住。軽い娯楽と重い音楽、ガスマスクが好き。大学四年生の頃、突然「作家になりたい」という中学時代の夢が再燃しはじめ、上京――三年目にしてデビューを果たした。
★受賞者コメント
受賞の知らせを受けた当日、私はなんと誕生日! 人生で最も素敵なプレゼントを頂きました。ありがとうございます! 嬉しすぎてケーキを頂きまくりました。翌日、脂肪を頂きまくりました……。こんなの絶対おかしいよ。
★作品内容
妹を溺愛する他は“普通”を自称する高校生、神谷恭介。たまたま腕っ節の強い彼は、チンピラどもに絡まれることも日常茶飯事。ある日、殴り倒しただけの不良達が死体となって発見されたため、恭介は容疑者として “未成年の犯罪者”が集められる学校『プルガトリウム更生学院』に強制入学させられてしまった! 「それじゃあ、今から一人ずつ前に出て、自己紹介をしてもらおうか? 名前と年齢、殺した人数、殺し方、動機などを……」学院にいるのは全員”殺人犯”!? 〈十二人殺し〉として注目を浴びてしまった恭介は気怠げな美少女の紅翼鋭利、ドジッ娘の五十嵐舞那、謎のガスマスク巨乳少女、氷川煉子などの個性豊かな殺人鬼【クラスメイト】に囲まれ、異常な学院生活を送ることになるのだが――。超デンジャラス学園で繰り広げられるサイコ★コメディ!
【選評】河西恵子
生徒全員殺人犯、という荒唐無稽な設定の学園バトルで、どんなグロイ展開が続くのかと忌避しがちだが、問答無用に無敵な主人公の爽快感と、主人公を含め、実は本当に殺人犯なのか? という各キャラクターの謎も散りばめられており、飽きさせない工夫がある。
◆特別賞
『学園謀反戦記サチューゴ』
★作者:是鐘リュウジ(これがね りゅうじ)
プロフィール:1986年6月27日東京都は多摩市に生まれ、現在は神奈川県との狭間に在住。大学を卒業後、学部とはまったく関係のない堅~い業界に就職するも、色々と諦めきれずに執筆&投稿を重ねた結果今回の賞を頂くことに。
★受賞者コメント
三次選考通過のご連絡を頂いてから4日間。極度の緊張と不安、そして微かな期待のせいで発狂寸前のところに受賞のお話が。横浜線の改札で人目も憚らず涙していたのが私です。関係者の皆様、ありがとうございました!
★作品内容
巷で評判の高校生探偵・羽澄悠は、天獄院黒海と名乗る腹黒お嬢様に突然拉致されてしまう! 目覚めたとき、そこは絶海の孤島の三千風学園。「私の軍師になりなさい、そして統一生徒会戦挙を制するのよ!」悠は無理やり女装させられ、不本意ながらとんでもない契約を結ぶことに! 参加するのは、思念具象化【イデアライズ】で生成した武器イデアを用いた学園の権力闘争。ところが、直前の敗戦により、自軍は他に目つきの悪いヤンキーシスター、鎹頬白&大食いでゲーム好きな自堕落侍、嘴峰真賀里のたったの二人。対する敵は一三〇名もの大集団! だが、目覚めた悠のイデア・サチューゴの力と、悠の計略によって見事初勝利。その後も順調に戦績を重ねていく彼らの前に、やがて立ちはだかったのは、黒海の妹、天獄院白宇だった――! 華やかなる学園合戦絵巻!!
【選評】河西恵子
戦国物風、女子バトル、そしてエロ路線と、美少女ゲームのような設定が気になるものの、ノリと勢いはある。キャラクターも魅力的でバトルも読んでいてワクワクする面白さがあるが、最大の難点は、キャラクターの名前が覚えにくいこと。読者を集中させにくい。
◆特別賞
『スラップスティック・デイドリームス』
★作者:蒼虫(あおむし)
プロフィール:大阪府在住。都内の某大学文系学科を卒業。社会の隅っこで、誰にも迷惑をかけずにコソコソと小説を書いて生きていけたらそれはそれで幸せだなあと思っていたら、受賞の報告が。人生、何が起こるかわからないですね。
★受賞者コメント
小学生の頃、将来の夢はカブトムシかスーパーサイヤ人か小説家になることでした。どうにもカブトムシとスーパーサイヤ人にはなれそうもないので、立派なモノ書きになれるよう、これからも精進します。
★作品内容
俺、神園祐希は、女装趣味の同級生天宮綴、コンピューターゲーム研究会のセンパイとともに、チュートリアルと名乗る不思議な少女に〈デイドリーマーズ・ストラグル〉に誘われる。それは未来人の暇つぶしのための闘争ゲームで、勝利することで得られる〈投げ銭【チップ】〉を集めれば、なんと来年起こるという第三次世界大戦の回避も可能だという。〈虫撃ち〉〈重力操棒〉など、ふざけた玩具のような未来の武器を駆使した知略戦に挑んでいく俺たち。未来人の闘争ゲームに巻き込まれるなんていい迷惑だ。世界を救うなんて、まったく俺の柄じゃないんだから。来週のアニメが見られて、綴・センパイと過ごす日常さえ続けばいいと思っていたんだ。でも、まさかセンパイが――。このくそったれな“白昼夢”を終わらせるために三人が挑む、サバイバルバトル!
【選評】河西恵子
淡々としたキャラクターの語り口と、独特の世界観、ストーリー構成、謎、などは荒削りながらよく雰囲気をだしており、興味深い。ただ、説明不足の箇所も多く、またゲーム自体に話が寄り過ぎていて折角のキャラクターの掘り下げが物足りなかった。