TOP > 歴代受賞作品 > 第15回 ガールズコミック部門 後期
歴代受賞作品
インフォメーション
応募総数
85作品
最終選考候補
4作品
選考委員
森好正(eb! 取締役)、コミックビーズログ編集部
総評
編集部
今回の応募作には、キャラクターに作者の愛が溢れていて、一人一人が大切に描かれている作品が多かったように感じました。これは大変素晴らしいことです。特に女性向けコミックに関しては、読者がキャラに本気で恋できるような作品が喜ばれます。それにはまず、作者が自分の創ったキャラを愛することが必要です。その上で、キャラの魅力が読者に伝わるような演出を考えた作品を、引き続きお待ちしております。
受賞作品
◆奨励賞
『ヒーロー幼稚園』
★作者:村上 悠
プロフィール:京都府出身
★作品内容
将来ヒーローになる子供たちが通う幼稚園で保育士をしているヒロは“証”を持っていない普通の人間。ヒーローになれなくても自分で決めた“夢”を持ち日々過ごしてきた。そんなある日、幼稚園で事件が起き子供たちの命が危険にさらされヒロがとった行動とは…!?
【選評】編集部
可愛らしい絵柄に、熱血なストーリーでとても読みやすい作品でした。主人公が、新しい道で夢を諦めずに自分なりの生き方を子供に伝える場面は丁寧に描かれており、読み手の心に響くものがあると感じます。今後は、単調なコマ割りやトーン処理に変化をつけたり、背景の描き込みを意識して行いメリハリのある作品を目指して頑張ってもらいたいです。
◆奨励賞
『オレの兄ちゃん』
★作者:キラ瑠香
プロフィール:大阪府出身
★作品内容
野々宮千晴は元気な男子小学生! でも千晴にはちょっと頭を悩ませていることがある。それは、実の兄が自分を好きすぎるということ。黙っていれば、イケメンで有名大学に通っている自慢の兄だけど、実態は千晴が好きすぎて千晴中心に世界が回ってるブラコン兄なのだ!そんな兄が授業参観に来てしまって…!?
【選評】編集部
全体的な印象は自分の絵柄が確立していて整っており、線がきれいです。人物は、とても魅力的に描けているので、これからは色々なキャラクターが描けるように個性的なキャラクターにも挑戦してみてください。また、背景や自動車の描写等、効果的に描けるように練習をしてください。