TOP > 受賞作品 > 第20回 ライトノベル ファミ通文庫部門
歴代受賞作品
インフォメーション
応募総数
520作品
最終選考候補
3作品
総評
和田寛正(ファミ通文庫編集部 編集長)
 この度は多数のご応募ありがとうございました。今回の応募作全体の傾向としては、「異世界転移 or 転生」「異世界ファンタジー」が最も多く、その他のジャンルはやや減少と、市場の傾向にあわせて応募作の傾向にも変化が現れてきているように感じました。
 総じて文章やストーリー構成のレベルが上がっている一方、世界観設定や登場人物の造型は類型的で作品のスケールとしては小粒な作品が増えてきているという印象も受けました。
 受賞作の2本は他の応募作と比較して世界観の広がりを感じさせてくれたという点で、高く評価しました。
 受賞作は2019年初頭の刊行を予定しております。
 また、次回からはよりレーベルカラーを強く押し出した形に新人賞を生まれ変わらせようと計画しております。詳細はファミ通文庫公式サイト等で発表予定ですのでどうぞご期待ください。
受賞作品
◆優秀賞 賞金50万円
『侵略性外来種【勇者】』
★作者:殻半ひよこ
★受賞者コメント
 受賞の御連絡を頂いた時、長年の努力が報われたのだなあ、という感慨がじんわりと湧き出、何より『面白かった』と感じてもらえたのが嬉しく、胸が詰まる心地でした。
 この度は優秀賞を頂き、誠にありがとうございます。
 皆様にも『ああ、面白かった』と思って頂ける物語を、これからも書き続けていきたいと思います。
★作品内容
 大魔王の侵攻により危機に瀕した剣と魔法のファンタジー世界テモ・トギシフを救ったのは異世界から召喚されたチートスキル持ちの勇者だった――それから300年。世界中で頻発した召喚儀式によって溢れかえった無数の勇者は、チートスキルを失うことを拒み帰還せず、むしろそのチートスキルで人々を支配・蹂躙しはじめていた。そんな危険な召喚勇者を元の世界に帰すべく、精霊女王の末裔の姫騎士・マリー、大魔王の孫娘・ベラ、修業中に大魔王を倒されてしまった勇者志望の一般人【モブ】・パットの三人はパーティを結成し、【勇者召喚任期満了】の儀式を行うべく、聖地への旅に挑むのだが――!?
【選評】
 定番の「異世界召喚」と思わせきや、召喚された勇者を元の世界に還していくという、定番とは逆のパターンのユニークな作品です。ただ既存の異世界作品に対してアイロニカルな視線を向けただけものではなく、王道の展開やどんでん返しなど読者を楽しませようという工夫が凝らされている点を高く評価しました。
 流行の異世界ジャンルへの愛と、一石を投じようという意識を両立させた稀有な作品であり、選考委員全員一致での授賞となりました。
 自信を持って、世に送り出せる一作です。
◆特別賞 賞金15万円
『ブロックチェーン』
★作者:山之臨
★受賞者コメント
 この度、伝統ある「えんため大賞」の特別賞を頂き光栄に存じます。この作品の登場人物は高校生に設定しており、当初、コアとなるターゲット層をそこと二十代の方に想定して作り始めました。ただ、今後執筆を続けながらより幅広い層の方に楽しんで頂けるよう、様々な創意工夫を凝らす事ができるようになればと思っています。
★作品内容
 私立海歩総合高等学校の物理部ではスペースバルーンの打ち上げ準備が進んでいた。初恋の幼馴染柏木ハルとの思い出を捨てきれない青桐七海。国内有数のゼネコンの社長を父に持つ秀才プログラマー山花俊。青桐に憧れ高校へ入学してきた天真爛漫な後輩、町田佐奈。三人は打ち上げの当日、顧問の親類であり近くの私立高校に通う赤森遙と出会う。活動に興味があるという遙は突然、物理部へ入部を希望する。赤森の提案にざわめき立つ部員たち。彼女の通う高校は規律の厳しい校風ゆえに他校との交流は認められていないのだ。それでも頑なに物理部への入部を希望する赤森。彼女にはどうしても校庭でモデルロケットを打ち上げたいとある理由があったのだ。しかし過去に青桐が起こしたある事件をきっかけに、学内での打ち上げは禁止されていて……。物理部を舞台に繰り広げられる悩み多き若者たちのすれ違いを描いた青春群像劇が幕を開ける。
【選評】
 全体的なクオリティの高さ、人間を描けている点が授賞につながりました。物語に派手さはないものの、登場人物ひとりひとりの関係性や打ち上げロケットにまつわる思い、ロケットが彼らにどんな影響を与えたのかが丁寧に描かれており、思わず空を見上げてしまうような情緒を感じさせれました。
 一方、ストーリー展開がやや単調でもあるので、商品化する際には盛り上がるシーンをきちんと盛り上げ、メリハリをつける必要があると判断したため、惜しくも特別賞の授賞となりました。

選考段階の途中経過はコチラをご覧ください。