TOP > 第17回えんため大賞受賞作家インタビュー > 海月孝
第17回えんため大賞受賞作家インタビュー
●ライトノベル ファミ通文庫部門
●ライトノベル ビーズログ文庫部門
●ガールズコミック部門
●BLコミック部門
第17回エンターブレインえんため大賞
ガールズコミック部門後期 特別賞
海月孝
『Contract Death』

小説(orまんが)を書こうと思ったきっかけはなんですか?

小さい頃テレビでやっていたアニメーションを見て、その原作を探して読んでいたら、アニメーションの世界より漫画の世界に魅力を感じていました。それから中学生の時、とても素敵な漫画作品を読んで、初めて私もこんなに魅力的な世界を書いてみたいと思いました

えんため大賞でデビューしたいと思われた理由を教えてください。
(ex.賞金が魅力的、出身作家が好きだったなど)

漫画とゲームの両方とも好きな私にとって、えんため大賞は最も理想的な賞だと思ったからです。

今回の受賞作のアピールポイントはどこですか?
また、執筆・応募にあたって気をつけたことがあれば教えてください。

アピールポイントとは、ちょっと恥ずかしいですが、キャラクタ―のビジュアルですね。重いストーリーだったので、読者にとって少しでも読んで楽しむ部分を入れたいと思いました。応募のために特に気を遣ったところは、演出とキャラクター設定です。スピード感のあるシーンの演出や、カメラワーキングなどを考えながら、より見やすく、でも緊張感は感じられるようにすることに一番気を配りました。また、キャラクター造形で気をつけた部分は、今まではいつもストーリーが先で、それに似合うキャラクターを作っていましたが、もっとキャラクターたちが生き生きして欲しいと思い、キャラクターを個性的に構成しようと努力しました。

受賞が決まったとき、また授賞式に出席したときのお気持ちを教えてください。

受賞の知らせを聞いた時には、漫画アシスタントのアルバイトをしていたのですが、すごく感動して、電話を持つ手が震えました。また、授賞式のときは、スピーチで何をしゃべろうか…と、心配でぶるぶる震えながら、トロフィーと賞状を受け取った記憶がありますね。自分の漫画に自信がなくなって、自分には才能がないかも…と思った時に貰った大事な賞です。もう一度「ありがとうございます!」。

将来、どういう作家になりたいと思っていますか?

ありふれた答えですけど、「あ! あの作家さんのマンガいいよね」という噂が聞こえてくるような、記憶と心に残る漫画を描くマンガ家になりたいです。

最後に、これから作家を目指す方へひと言アドバイスを!

一つアドバイスをするなら、諦めないことです。作品のことも、自分のことも、諦めたらそのままで終わるからです。特に、漫画家を目指しているのに一度も作品が完成したことがないという方は、一つの作品を手掛けてみて、少しでも気に入らなかったら諦めて他の作品を描きたがる傾向がありますが、その誘惑を乗り越えて、一つの作品を完璧に仕上げてみたほうがいいと思います。一つの作品を最後まで描き尽くしたら、当然のように前より実力がつきますし、自分の悪い癖なども客観的に見ることができます。最後まで諦めないで、一緒に頑張りましょう!