TOP > 第17回えんため大賞受賞作家インタビュー > 結都せと
第17回えんため大賞受賞作家インタビュー
●ライトノベル ファミ通文庫部門
●ライトノベル ビーズログ文庫部門
●ガールズコミック部門
●BLコミック部門
第17回エンターブレインえんため大賞
ライトノベル ビーズログ文庫部門 奨励賞受賞
結都せと
『エンとユカリの恋結び』
●プロフィール
夏生まれの神奈川在住、無類の犬猫好き。子供の頃から神様や妖怪に憧れて育ったため、読むのも書くのもそういった存在が活躍するお話が多い。デジタル機器とはとことん相性が悪く、執筆作業の八割がアナログです。

小説(orまんが)を書こうと思ったきっかけはなんですか?

子供の頃から、本を読んでいろいろと空想するのが好きでした。そのうち自分が考えたお話を形にしたいと思うようになり、気づいたら筆を執っていました。初めて小説らしきものを書いたのは高校生の時でしたが、結局完結できなくて……本格的に書き始めたのは社会人になってからです。

えんため大賞でデビューしたいと思われた理由を教えてください。
(ex.賞金が魅力的、出身作家が好きだったなど)

レーベルに勢いがあり、刊行されている作品の幅が広く、好きな作品が多かったからです。当然憧れの作家さんやイラストレーターさんも多数活躍されていて、「受賞したらお会いできるかも」という下心もありました(笑) 今こうしてご縁をいただけて、本当に嬉しいです!

今回の受賞作のアピールポイントはどこですか?
また、執筆・応募にあたって気をつけたことがあれば教えてください。

ちょっと不器用な女の子と、世間知らずで自由奔放な神様――そんな二人が縁結びを通してどう変化し、成長していくのかがこのお話の見どころだと思っています。また、彼らを取り巻く人々との恋と友情の物語を楽しんでいただけたら嬉しいです。執筆にあたって気をつけたのは、「そのキャラならではのセリフ」を書くことです。その場面場面でこのキャラクターなら何て言うだろう、どんなリアクションをするだろうと必死に考えました。特にヒロインは感情移入しやすいよう等身大で描くこと、ヒーローはとにかくギャップ萌え!ということで二面性を描くことに力を注いでいます。あとは、一読しただけで意味が伝わる簡潔な文章を書くことを心がけました。

受賞が決まったとき、また授賞式に出席したときのお気持ちを教えてください。

受賞のお電話はもちろんですが、まず最終選考に残ったという連絡に驚きました。喜びと興奮と緊張で感情メーターが振り切れて頭の中が真っ白になってしまい、あとで失礼なことを口走らなかっただろうかと不安になりました。その後も「もしかしたら夢なのでは?」と思って何度も着信履歴を確認したり……しばらくは、いろいろと落ち着かない日々でした。授賞式では、同期受賞者の皆さんや憧れの先輩作家さん、イラストレーターさん、編集部の方々にお会いできてとても嬉しかったです。緊張のしすぎで気の利いた会話もできずおろおろしていましたが、皆さんとてもお優しく、気さくにお話ししてくださったおかげで楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

将来、どういう作家になりたいと思っていますか?

読者の皆様に楽しんでいただける物語を作るのはもちろん、「この作家といえば○○!」と覚えてもらえるような作品を生み出していきたいです。キャラクターでもセリフでもエピソードでも、何か一つでも読んでくださった方の心に残るものがあればいいなと思います。

最後に、これから作家を目指す方へひと言アドバイスを!

ようやくスタート地点に立ったばかりで、まだまだ未熟な私がアドバイスなど畏れ多いのですが……とにかく、自分が好きだと思うものを書いてみてください。流行や常識にとらわれず、「自分はこれが書きたい!」というものを思いっきり詰め込めば、きっと誰かにその情熱が伝わると思います。皆様にも、素敵なご縁がありますように!