TOP > 第18回えんため大賞受賞作家インタビュー > 笹木さくま
第18回えんため大賞受賞作家インタビュー
●ライトノベル ファミ通文庫部門
●ライトノベル ビーズログ文庫部門
第18回エンターブレインえんため大賞
ライトノベル ファミ通文庫部門 特別賞受賞
著者:笹木さくま(応募時PN:夏希のたね)
『女神の勇者を倒すゲスな方法
「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」』
(※『チート勇者を倒すゲスな方法』から改題)
●プロフィール
北海道生まれ、でもカニは好きじゃないと言うと、大抵の人にもったいないと怒られます。聞かれて困る質問は「一番好きな漫画はなに?」です。ジャンル別なら答えられるのですが。

小説(orまんが)を書こうと思ったきっかけはなんですか?

昔から物語を考えるのが好きで、それを形とする方法として絵を描いたり、C言語を囓ったりといろいろしてきたのですが、一人で好きなように作れて、かつ早く多くの物語を生み出せる方法として、小説の執筆に行き着いたといった感じです。

えんため大賞でデビューしたいと思われた理由を教えてください。
(ex.賞金が魅力的、出身作家が好きだったなど)

作品が完成した時に文字数制限や期限など、応募するのにちょうど良かったのがえんため大賞だったので――とか言ったら怒られそうですね(笑)。ただ、井上堅二先生の「バカとテストと召喚獣」が大好きだったので、同じファミ通文庫から出版できるというのは、とても感慨深いものがありました。

今回の受賞作のアピールポイントはどこですか?
また、執筆・応募にあたって気をつけたことがあれば教えてください。

不死身の勇者を倒すために心を折る、という物語のテーマ上、主人公がどうしてもゲスになったのですが、やりすぎて読み手に不快感を与えないようブレーキを踏みつつ、驚きと笑いを与えられるようアクセルを踏むバランスには気を使いました。

受賞が決まったとき、また授賞式に出席したときのお気持ちを教えてください。

授賞式で優秀賞の三田千恵さんが、大勢の方々を前にとても緊張して受賞スピーチしているのを見て、「特別賞で(スピーチをせずに済んで)良かった」とか失礼な事を考えていました(笑)。三田さんのスピーチがとても立派でしたので、余計に「私だったら変な事を口走ってたな……」と、ただ安堵しておりました。

将来、どういう作家になりたいと思っていますか?

どういう作家、というのは特にないです。ただ、自分の中に生まれた物語を、最後まで形にしていけたらと思っています。作家としては一番贅沢な願いかもしれませんが。

最後に、これから作家を目指す方へひと言アドバイスを!

とにかく小説を書いて、完成させて、何度でも投稿してください。『小説を書き続ける』という単純だけど一番大変な事が、作家になれるたった一つの道ですから。