TOP > 第19回えんため大賞受賞作家インタビュー > 紅城 蒼
第19回えんため大賞受賞作家インタビュー
ライトノベル
ファミ通文庫部門
ライトノベル
ビーズログ文庫部門
ライトノベル
ビーズログ文庫アリス部門
第19回エンターブレインえんため大賞
ライトノベル ビーズログ文庫部門 奨励賞受賞作
著者:紅城 蒼
『魔法学者はひきこもり! 完璧王子が私の追っかけでした』
(※『引きこもり天才魔法学者の高貴なるご友人』から改題)
●プロフィール
神奈川県在住。「絶対にA型じゃないよね」と言われるタイプのA型。ラーメンが大好物で、三日に一度は食べないと落ち着きません。子供の頃から魔法や妖精、貴族やお姫様などのモチーフが大好きで、頭の中ではいつもそういった世界観での妄想が繰り広げられています。

小説を書こうと思ったきっかけはなんですか?

 気付いた時には、自分で物語の設定を考え、話を膨らますことが大好きな子供に育っていました。その中で少女小説と出会い、漫画と比べると絵が少ない分、情景を無限に想像することが出来る楽しさに魅了されました。それがとても楽しくて、私も小説を書いてみたいと思うようになりました。

えんため大賞でデビューしたいと思われた理由を教えてください。
(ex.賞金が魅力的、出身作家が好きだったなど)

 色々なレーベルがありますが、幅広いジャンルの作品を出版しているビーズログ文庫様の雰囲気が、一番好きだったからです。私が書きたいと思っているものを受け入れてくださるのは、ここしか無いだろうとも思いました。その気持ちを信じて投稿して良かったと、心の底から思っています。

今回の受賞作のアピールポイントはどこですか?
また、執筆・応募にあたって気をつけたことがあれば教えてください。

 引きこもりで人付き合いが苦手な主人公が、勇気を出して一歩ずつ成長していく過程が一番のポイントです。主人公の心の変化を描いていくことを何よりも大切にしました。華やかさが少々足りない主人公ですが、その分、読んでくださる方に共感してもらえる所が少しでもあれば幸いです。あとはキャラクターがブレないように、言動にも気を付けました。設定を守りすぎて危うく恋愛要素が皆無になる所でしたが、なんとか軌道修正出来て安心しています。

受賞が決まったとき、また授賞式に出席したときのお気持ちを教えてください。

 受賞の連絡をいただいた時は、玄関で盛大に泣き崩れました。それからしばらくは「あれは夢だったのでは?」という気持ちでした。正直今でも信じられないです(笑)。授賞式当日はとにかく緊張していて、ひたすら「緊張で涙が出てきました」と言っていた気がします。そんな中、編集部の皆様や他の受賞者の皆様が温かく接してくださり、すごく安心したのを覚えています。それにしても、「笑顔で」と言われているのに、あんなにも顔が引き攣って笑えなかった写真撮影は、生まれて初めてでした。それもまた良い思い出です。

将来、どういう作家になりたいと思っていますか?

 読んでくださる方の心に、何かしら残るものを書ける作家になりたいです。ときめき要素を大事にしつつも、たまにクスッと笑えるようなものを書いていけたら嬉しいですね。ひとまずは、「あの『引きこもり』の作品書いた人ね!」と覚えていただけたら嬉しいです(笑)。

最後に、これから作家を目指す方へひと言アドバイスを!

 まだまだ学ぶことだらけの未熟者なので、アドバイスなど出来る立場ではないのですが……、私が執筆時に考えていたのは、「楽しく書くこと」と「とにかく最後まで書き上げること」でした。難しく考え過ぎて自分が楽しめなかったら、納得のいくものは出来ないと思うので。そして諦めずに最後まで書き上げて投稿する! ですね。挑戦して無駄なことなんて無いのだと、ひしひしと感じています。人生何が起こるかわかりませんから!!